断捨離始めて気付けばFP2級目指してたブログ

目指せミニマリスト!目指せファイナンシャルプランナー2級! 北海道で夫と2人暮らし。日々の片づけ、家計の話を更新しています。

【スポンサーリンク】

 

消えたUターンの選択

写真 323

ここ数日でものすごい心境の流れというか、移ろいがあり、ちょっと疲れてしまってました。

少し前にいつかはUターン?!という記事を書きました。
将来的に二人で私の実家に帰って(夫は転勤願いという形で)、うちの親と同居して大きな犬を飼って暮らすのもいいねという一つの選択肢でした。夫は思いついたその考えが頭から離れなかったようで、体力のある40代のうちに転勤したいと急に言い出したのです。40代前半の夫。若いうちににっていったらすぐ行動取らないと遅くなるでしょ!!
役職試験に合格している夫ですが、先日会社から役職に就く気があるのか問われて「正直ないです」って言っちゃったそうな。役職どうこうは別に良いのです。今より大変な環境になってまでこれ以上の収入は望んでいません。ただ、本気で私の実家に帰る気満々でいる夫に不安を感じました。

だってまだ、肝心のうちの両親に同居の了解得てないし!!
なんでそんな帰る気満々なの?!


正直私は、今の年齢でUターンが現実味を帯びてきたことに不安しか感じませんでした。北海道にきて12年。その前は関西に8年暮らしていました。前の夫の転勤で私は仕事を辞め、友達と別れを惜しんで北海道へ渡ってきました。そこから色々あったけど、今の夫と再婚して今の職場で働けるこの環境がとても大切です。大人になると友達を作るのが本当に難しい。でも今の小さな会社では家族同然(と私は思っている)の関係を築き、仕事にも大いにやりがいを感じているのです。その会社の人たちとまた離れなくちゃいけない。また一から自分に合う仕事探し。しかも私の実家は結構な田舎で、そもそも募集自体あるかどうか。考えただけでとても悲しくて切ないことでした。でもそんなこと言えないです。一家の大黒柱なのは夫だし、その夫が私の実家で一緒に暮らしてくれるなら、年々年をとっていく両親も安心して喜ぶのかもしれない。自分の気持ちは飲み込んで、夫の希望に叶うよう覚悟しないといけない。

一週間ほど前に両親に「年とったら二人でそっちに帰るって話してるからねー」と冗談めいて電話した時は二人とも笑っていたのですが、昨日はまじめに母親に電話しました。「旦那さんが本気でそっちで同居したいと言ってる、しかもわりとすぐに」と。

すると、冗談でなくまじめな話だと気付いた母は優しく言いました。


「同居はいかんよ。どうしても気を遣うから。」


その言葉ですごくホッとしてる自分がいました。そうだよね、いくら旦那さんが気を遣わないでいいと言ったところで気を遣うよね。母は父の親と同居して看取っています。その母が言うのだから、やっぱり同居は気を遣うのだと思います。しかも、私には独身で一人暮らしの妹弟がいるのですが、妹がそのうち実家に戻ってくるつもりらしいとのこと。それを聞いてまた少しホッとしました。きっと妹も親のこと考えてくれてるんだなと。私も親がいよいよとなってきたら遠距離介護というかしばらく実家に戻ったりという生活を元々考えていたので、やっぱりそれしかないんだと実感しました。

問題は夫です。そもそも夫が私の実家に帰りたいのは、ゴールデンレトリバーが飼いたいからです。私はこちらでペット可のマンションを買うつもりでいたのですが、大型犬可の分譲なんてそうそうありません。そもそも、二人とも働いている間は犬を飼うなんて世話が大変なので(私は昔犬を飼ってました)老後の楽しみくらいに思ってました。でも私の実家であれば、私が仕事せずに両親の手伝いをして犬の面倒見れば、一軒家なので飼えます。田舎なので河原や堤防への散歩も、のどかなものです。私も犬好きなので夫の気持ちはすごくわかります。仕事で疲れて帰ってきても犬が待ってる生活って憧れます。

夫が帰ってきてから、母から同居はないよって言われたことを告げると「そっかー(笑)」と落ち込みながらも笑顔を返してくれました。まあ夫も、同居は向こうから断られるかもだよねとは話していたので想定の範囲ではあるようですが、やっぱり内心落ち込んでるようで・・・。最近毎日「ゴールデン飼う~。いいなー、可愛いなー。」と空想のゴールデンレトリバーの話で二人で盛り上がってたんですが、昨夜は一度も犬のことを話しませんでした
しかも、今朝「夕飯食べてくるからいらない」とまで。大丈夫だろうか、なんか一つ夢みたいなもの潰してしまって申し訳ない・・・。

こんなわけで、私たちのUターン選択肢はあっけなく消えてなくなりました。まあ人生長いので、リタイア後とかは分からないですけどね。でも少なくとも、現役時代は北海道で過ごすことで揺るぎなさそうです。ここ数日、もし働くのをやめて実家で暮らすなら・・・の金銭的なシミュレーションをしたりとか、実家方面の求人見たりとか、北海道せっかく気に入ってるのに離れないといけないのかーとお風呂でこっそり泣いたりとか、ちょっとした心労でした 旦那さんあっての今の生活なんですけどね。自分の中でUターンに拒否感があるのにも驚いたし、その気持ちが後ろめたかった。心がくすぶってしんどい数日でした。

仕事も3月は毎日残業してるので、ここの更新滞りそうです。疲れてくたくたになるので家で頭がよく働きません。でも4月になったら心機一転、またブログどんどん更新したいとは思っています。こんなちょっと重たい話題を読んで下さってありがとうございます


押して頂くと励みになります(*^_^*)
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

【スポンサーリンク】